【精神障害者から見た】社会が見る精神障害者の姿。

時雨です。@shig645

昨日、私は自身が精神障害者であることを告白しました。

ドラマ、3年A組を観ていたら、
自分のありのままでいようという気持ちが芽生え・・・

 

もう隠すのは止めて、
精神障害者の時雨とでも良ければ、
これからもよろしくお願いします。

そういったメッセージを込めて、昨日は語りました。

ドラマを観て。
俺も命懸けで、
告白したことを理解して貰えたら嬉しく思います。

皆さんがどう思ったかは分かりませんが、
精神障害者の私が思う、
『社会から見た精神障害者』について語ろうと思います。

『社会から見た精神障害者』

“精神障害者”と聞くと、
・意思疎通が図れない
・会話のキャッチボールが出来ない
・サイコパスだ!
・犯罪者予備軍だ!
・社会不適合者だ!

そんな【心の声】もあるかもしれません。

私自身、様々な精神科へ通院しましたが、
やはり会話をスムーズにするのが難しい人。
自分の好きなことだけを相手に延々と語り続ける人など。

精神障害にも度合いがあります。
私は健常者の振りができるくらいのレベルですが、
躁状態が酷いと大柄な態度になり、人を傷つけることがある。

鬱状態が続くと、
・生きていく気力がなくなる
・無気力になる
・生きていたくなくなる

こうなります。

精神科へ行くとほぼ確実に薬が処方されます。
ただ、ハッキリ言うと、
薬で治る病気ではありません。

あくまで躁鬱状態の症状を緩和する、に過ぎないものです。
ですので、根本的な解決をするには、
ストレスが原因ならその‪“原因”を取り除くか、
ストレスに感じなくするとか。

そうした抜本的な方法が効果的だと思います。
もちろん、理解者が傍にいなければそれらを達成するのは困難でしょう。

症状が酷くなると、
自身の殻に閉じこもり、引きこもりになる。

或いは、犯罪に走ってしまう人もいる。
裁判で精神鑑定がされるのも、被告が【まとも、健常かどうか】を把握する為にやっているように感じます。

 

誰しも好んで精神障害になった訳ではありません。

 

それは理解していただきたいと思います。

『私自身が思う』精神障害者

私自身は精神障害者ですが、
症状の酷い、会話のキャッチボールが出来ないような人達とは一緒にして欲しくない!
それが本音です。

今までブログやTwitterを見て、
『時雨は犯罪を犯しそうだな』

こう思われていたなら、私は社会的に死んだも同然だと思います。
実際、自分自身が社会不適合者だという認識はあります。

何故、そう思うかは以下のことを読めばそれとなく分かると思います。

精神障害があるとできないこと

精神障害、精神科へ通院することでのデメリットを以下にまとめました。

◎あらゆる【契約】関係で支障が出る

具体的に言うと『新規』で、
・団信に入れない
→つまり住宅ローンが組めない
・生命保険、医療保険などに入れない
→それ故に見直しもできない
(解約は可能だが新規・再契約はできない)
・投資関係でも開設不可能なものもある
・クレー射撃ができない
・猟銃所持の許可が降りない
精神障害者は危険者扱いされてる為と思われる

このように、数々の制限がかかります。

我が家が賃貸に住んでいるのは、

【賃貸に住むしか】選択肢がないからです。

それなら妻である社長の名義でいいじゃないか。
そう思うでしょう。

ところが妻にも、とある【精神疾患】がある為、
団信・住宅ローンの契約も不可能です。

ただ救済策としては、
・精神科へ通院していない期間が半年以上
・精神科で処方される薬を飲んでいない期間が半年以上

これら、特に薬の方の条件を満たしている場合は、
‪“健常者”の扱いになります。

どうしても住宅ローンや生命保険を見直したい場合は、
そうした『裏技』を使うことも有効的です。

この世の中は、
・清く
・正しく
・美しく

そう生きるのは、とても損です。
私も数多くの損や損害がありました。

本当は、これ以上、傷つくのは嫌なんです。

“私”を理解してくれる人達

私の【精神障害】を完全に理解してくれているのは妻だけです。
私の母親は、正直まるで理解してしません。

理解できないのか、息子が精神障害者だと認めたくないのか。
いずれにしても、理解はしていません。

他に、『ある程度』理解してくるているのが、
・会社の人達
・義父母
・他親族
・少数の知り合い

そのくらいの人達でしょうか。

終わりに。

私には“友達”と呼べる人はいません。

実際に気軽に遊べる人もいません。

居たとしても物理的な距離がある人です。

その‪“友達”に関しては、いずれ語りたいと思います。

精神障害の概要は理解していただけたでしょうか?

私は精神障害者ですが、
精神障害に負けたくない。

そして精神障害者扱いされたくない。

一見矛盾していますが、実際はそう思います。
そう、【差別】された痛い経験があるからです。

薬の作用で昏睡、寝て起きる頃には14-16時になっていたりして、
仕事を休まざるを得ない時もあります。

やはり、【まとも】ではないんですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。