離れ離れの生活。

妻が里帰りして、夫が独りぼっち。

これは人によると思うけれど、

自由になった!
好きなことをやろう!
ラッキー!

そう思う人も中にはいると思う。
でも俺は、

淋しかった。

もちろん、妻の実家には毎日行っていたし、
子供の様子も見てはいた。

ただ、寝る時は1人。

飼い猫は普段ゲージに入れているけれど、
この時は室内に放し飼いにしてた。

そんな気持ちがあって、1ヶ月で我が家に帰って来て貰うことにした。

今なら3,4ヶ月はいても良かったんじゃないかと思うんだけど、
俺の方が根を上げた。

 

それからは初めての3人での生活。

妻は育児もあり、しばらく働けない。
子供は夜泣きするので、妻の体力や気力は落ちていった。

全ての家事は俺がやり、育児は妻に任せていた。
もちろん出来る育児はやった。

例えばミルク作り。
アレを適温にするのがとても大変だった。

子供を洗ったりすることもやった。
その時の模様は全部スマホで撮ってある。

たまに成長した現在の子供に見せたりしてる。

 

俺は仕事と家事。
妻は育児専念。

妻が働けなくなった分、次第に家計が厳しくなった。

俺は常にそのプレッシャーを抱えて生活していた。

妻が子供を預けて働き始めてしばらくして・・・

 

俺は会社内で突然、倒れた。

つづく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。