【実体験】続・変形性股関節症と分かってからの私。

はてなブックマーク - 【実体験】続・変形性股関節症と分かってからの私。
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
Pocket

時雨です。@shig645

以前、でふさん@bo678_n
がこのように語られていました。

これに反応した私は、以下の記事を書きました。

私は変形性股関節症で、将来は人工股関節置換手術を受け、
自分の身体に人工物である人工股関節を入れる予定です。

認定が認められれば、身体障害者手帳が交付され、
社会から見れば『障害者』に入ります。

障害者に、自身の変形性股関節症に対して思うことがあったので、
以前の記事に追記する予定ではあったけれど、
内容が異なる為に別の記事にすることにしました。

今は、自分で名付けた『準・身体障害者』の段階です。

そんなキッカケを作ってくれたのが、またしてもでふさん。

引用させていただきました。

私の周りの障害者の方々

私の周りには人工股関節の人、人工肛門の人がいる。
身体障害者には等級といった度合いのようなものがある。

現在は法律が変わって分かりづらくなったけれど、
当時の法律上では人工肛門より人工股関節の方が重度と認定されていた。

それはさすがに逆じゃないか?と思った。
女性の人工肛門の人に話を聞いたら、

『人工肛門は袋に排泄物を入れるんだけど、それが何かの拍子にストーマとずれてしまった。』
『そうしたら、【この人臭い!超臭い!!!】と女の人に言われて。それが電車内だったからトラウマになりそうだったし、何よりも悲しかった』

そう言っていた。

ここで、前回の記事では書いていなかった、
私が変形性股関節症に気づいたことを語ります。

どのように変形性股関節症に気づいたか?

きっかけは中学生の時に階段を降っていた時に、
なんだか股関節周りが痛くなった。

時期からして、これは成長痛だと思っていた。
それでも気になって詳細を調べたら・・・

 

 

変形性股関節症だった。

この時の絶望感は今でも忘れない。

そして、これは先天性。
つまり、遺伝です。

私の親や親族も変形性股関節症です。
遺伝って呪いなんだなと、今は感じています・・・。

関連性があるかはわからないけれど、
変形性股関節症だと身長が伸びない。

身長、脚の長さを伸ばす大腿骨に異常があるから、
私の身長が低いです。161㎝。

高校生になると、高一の時には背の順で中くらいだったのに、
高二高三になると一番前になっていた。
こんな屈辱、味わったことがないくらいに、悲しかったし、
悔しかった。

まだその時には脚の筋力があったからマラソンはできた。
現在は筋力が落ちて、脚の筋力が落ちて脚が細くなった。

ここ最近、毎日痛み止めを飲んでいる。
杖は使うほどではないけど、会社内の階段のは手すりに掴まって上り下りしないと、辛い。

変形性股関節症で一番傷つき、激怒したこと

私は滅多に激怒しません。

ただ、自分の譲れ無いことや理不尽なことをされたら、
激怒することはあります。

この話は歯科技工士時代に、通勤電車内での話です。
私はその日、脚が痛かったので優先席に座りました。

途中の停車駅で俺の目の前に巨漢の男が立ちました。」
私は半分眠かった状態で、寝過ごすことが嫌だったので、
イアホンはせずガラケーも静かに座っていました。

すると、その男はおもむろに何かを俺に見せて来ました。
大して見る気がなかったのですが、
それはどうやら【障害者手帳】ようでした。

つまり、「俺に席を譲れと」いうことか。
私は眠かったので無視していた。
そもそも脚が痛かったし。

そうしたらその男は次のような暴挙に出た!

なんと、脚で電車内の床を思い切り叩きつけたのだ!

さすがに俺もキレて、
「なんだよ?」

と言ったら、
『身体障害者だから席を譲れ!』と。
あの、他の人も座っているのになんで俺?
とはその時に思った。

ただ面倒事になりそうだったから正直に、
「実はとても痛くて座っているんです。」

そう言ったら、吐き捨てるように、
『だったら最初から言えよ!』
と、言ってきた。

そこで「すいません」と言ってしまった。
それは言う必要はなかったろうに・・・。

しかもその男、てっきり脚が悪いのかと思ったら、
降りる駅まで俺の前で大人しくずっと立っていた。
なんだったんだ、コイツ?と思わずにはいられなかった。

はぁ、なんでこんな面倒くさい奴がいるんだろう。

一番頭に来たのが、【障害者の立場を利用して健常者に恫喝する行為】
俺は障害者にもこのような輩があるのがわかってから、
ただ『障害者』というだけでは助けるのは止めた。

障害者の方は周りに支援を求めること自体は正しいことです。
ただこの男のようなことをする輩は私は絶対に、許しません!

次の日から、電車に乗る車両を替えた。

その替えた車両で新たな‪“出逢い”があったのはまた、別の機会に・・・。

でふさんの魂の叫びを聞いていたら、
いても立ってもいられなくなったので記事にしました。

本日も脚が痛いです。
ここ最近、毎日痛いです。

でも、手術開始可能まであと5年は、ある。

本音を言うと、毎日辛いよ。。。。。

一番は、自分が【変形性股関節症】だという証明ができない。
出来たとしても障害者じゃないから例えば満員電車で席を譲ってくれるかは正直分からない。
人の身体の度合いなんて、解るはずもない。

身体のメンテナンスも大事で、
月に2,3度は整体で身体を調整しています!

これで5,000円。

健常者だったら、こんなに苦労しないのにな、、
と思いつつ、自分のできることは自分でやります!!