Twitter2,000フォロワーありがとうございます‼︎(2020/5/5)

【病児保育】利用してみました!⇒大変なことに💦

はてなブックマーク - 【病児保育】利用してみました!⇒大変なことに💦
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
Pocket

時雨です。@shig645_toushi

昨日初めて、【病児保育】を利用してみましたので、その感想を語ります。

時系列をまとめました。

5日前⇒子供が40℃近くの熱を発症
4日前⇒祝日だったこともあり、夫婦で仕事は午前午後で交代で面倒を看ることに
◎ドクターダイレクト24に相談
3日前⇒この日も子供を仕事をしながら交代で看ることに
2日前⇒さすがに子供の状態が上がらないので、小児科へ受診
1日前⇒子供を病児保育へ預ける→小児科→総合病院へ

病児保育とは?

病児保育の定義は『全国病児保育協議会』なる組織があるので、そこに明記されています。

簡単に言うと、
・風邪など引いていて熱が38度未満
・食欲はそこそこ
・トイレは行っておしっこが出せる
・昼寝できる
・感染症ではない

などの預けるに当たって色々と制約がありますが、
預けている間に仕事やその他のことできる特殊な保育所です。

通常預けている認可保育園とは違うところなので、
別途料金がかかります(私の自治体は2,500円)。

私の住んでいる自治体以外に隣りの自治体にも同様の施設はあります。
そちらは小児科併設ですので、何かあった場合はすぐに診て貰えます。

こちらの方が良いのは分かっています。
が、そちらはその自治体に住んでいる方が優先されるため、
今回は空きがあった私の住んでいる自治体に預けることにしました。

預けられる時間は8:30-16:30までで、16:30を過ぎた場合は延長保育料が掛かります。
そして子供に明らかな異変があった場合は、通常の保育園と同様に会社もしくは父母の携帯に連絡が行きます。

私の住まいの病児保育は通常の保育園の中に併設されていて、
初めて行くこともあったので夫婦で行きました。

とりあえず、預けることができて一安心。

そもそもが何故預けるに至ったか?

5日前に子供が40℃超えの熱を発症。
こういった時にすぐ解熱剤を与えるのは、かえって治りが悪くなるので、
ザ・クラスのドクターダイレクト24を活用して症状についての相談はしました。

ドクターダイレクト24については、
いつもおなじみ、まつのすけ氏@matsunosuke_jpのサイトから。

私の場合は医療保険とガン保険でティーペックが提供しているサービスを利用できるため、
そちらも利用できます。
そちらはセカンド・オピニオンサービスも無料で相談できます。

この時、聞いた際には

『ひとまず安静にして、異変を感じたらすぐに救急車を呼んで欲しい』

そうアドバイスされました。

我が子は1歳半の時に熱性けいれんを起こしたため、
高熱の際には特に注意していました。

これまでも40℃近くの熱が何度か出たことはありましたが、
熱性けいれんになったのは一度でした。

熱性けいれんの対応については下記のサイトに分かりやすく解説されています。

本来はダイアップを常備するところでしたが、
・滅多に高熱が出ない
・坐薬なので子供には苦痛

なところがあったので、買ってはいませんでした。

2日ほど様子を見て、改善しなかったので3日前に小児科にかかることに。

因みにこの時には、
・食欲はあり
・水分は取れる
・ラーメン食べられる

など、高熱がなければ普通な感じでした。

小児科にかかってから

この時には風邪の治りかけだということで、シロップ薬を貰い帰宅。
子供は粉薬が苦手です。。

とりあえずは安心かなと思い、最初にあった病児保育へ小児科に行った翌日預けることに。

病児保育から連絡が来た!!

12時前に病児保育から電話が!

電話があった場合は迎えに行くしかないので、迎えに行くことに。
会社に配達される仕出し弁当を食べてから迎えへ。

病児保育の保育士から言われたこと。
・水分を取りたがらない
・食欲が全くない
・熱が38℃以上出た

だそうで、8:30-13:00まで預けて、2,500円ほどの価値でした。
まぁ、給料を時給換算したらそれでもプラスではあるからいいんだけど・・・

その後、2日前に行った小児科へ。
この時、私自身も風邪を引いていたので、一緒に診て貰うことに。

私の方は初期の風邪でしたので大したことはありませんでした。
しかし、子供の方は原因が特定できなかったため、
近くの総合病院で診て貰うことになりました。

病児保育を利用していて呼ばれたことを告げると、
『併設している病児保育なら呼ばない』レベルだったそうで苦笑いしていました💧

病院から病院へのはしご

因みに言うと、病児保育から引き取りに行き、
昼寝をさせてから小児科へ行くために起こすまでの間、
子供は自分で歩くのがおぼつかないくらいでしたので・・・

抱っこの連続でした。
私の準備も万全ではなく、まさか病院のはしごをするなんて思わなかったので、
ずーーーーっと抱っこで、18kgの子供は荷物を抱えた状態で更に重く感じました。

総合病院まで何とか到着して、駐車場から病院までも抱っこ。
私はおんぶするのが苦手なので、抱っこでした。
その時、私自身の疲労もピークで疲れていたのでまともな判断ができませんでした。

総合病院の受付に紹介状を出して、言われたこと。

『事前にそちらの小児科さんからこちらに連絡されました?』

知らねー!と思い、

「聞いてもらえますか??」

と、言って何とか当日受診できることができた。
もし当日が無理だったら、今日の午前中に行かなければ行けなかったのです・・・。

総合病院の受付は本来午前中のみなので、【特別枠】で受診しました。

そこでこれまでの経緯や総合病院で眼科や熱性けいれんの時にも受診したので、
そちらのカルテも見ながら色々と医師とお話ししました。

結果的には、
・水分が摂れていない
・オシッコが出ない
・顔色が悪い

などの理由から、
・点滴
・血液検査
・レントゲン検査

をすることに。

更に言われたことが。

『マイコプラズマ肺炎か川崎病の可能性があります。』

そう告げられた。

マイコプラズマ肺炎とは以下のサイトにて。

子供が感染しやすい肺炎のようです。

川崎病とは、以下のサイトのようになっています。

川崎病の『川崎』は川崎富作博士が発見した症候群で、
心筋梗塞を招いたり将来的には狭心症などの心臓疾患に関わる病気につながる大変危険な病気です。

マイコプラズマ肺炎は聞いたことはありましたが、川崎病は初耳でした。
今回の病気との関連性は分かりませんが、突発性発疹も出ていたので通常の状態ではなさそうです。

この間の時間経過の様。
・15時に小児科へ出発。
・16:30に総合病院へ到着
・総合病院で診察を受ける
・18時頃に妻と合流(妻は妻で子供の発達障害関係の病院へ行っていた)
・点滴しながら子供はアナ雪観る、俺たちは今後や他のことでの会話
・21時半、点滴終了
・ピザが食べたいと言う子供のために事前予約したピザを取りに行って22時帰宅。

それからはピザ食べて、
私はブログを書いて、
風呂に入り、
洗濯物済ませて、
寝ました。

寝たのは1時半くらいだったかな。

起きたら9時半でした💦
完全に、疲れ切っていました。。。

子供はピザを食べ、昼にラーメンを1人前の1/5くらい食べて止めてからはよく寝ています。

明日にもう一度、総合病院へ行きます。

因みにピザはこんな感じで、
ドミノピザのクーポンを使い、
楽天ペイ払いで期間固定ポイントを使って買ったのでタダで食べられました!✨

もしお金を遣う時には、ポイントサイトのハピタスを通すと良いですよー

https://www.instagram.com/p/B23QmqVgm2e/

今回、子供を運ぶのに苦労したのでこれを買いました🌟

商品ページを見てもらえればわかるかと思いますが、
『折りたたみができる大きめのベビーカー』です。

我が家は知り合いから貰った型の古いベビーカーを貰ったがために、
イチイチ広げたりするのが億劫で、
ベビーカーを使って遠出したのは10回もありませんでした。

最初からこの、折りたたみ式のベビーカーがあったら良かったな。
そう夫婦で思いました💨

とりあえず、到着が楽しみです!

子供が虚弱体質なのが気がかりです。。。

 

終わりに。

らでぃっしゅぼーやの注文も昨日やろうと思っていたことを忘れていて、
今日起きて思い出した時には、時すでに遅し。

カタログ見て、献立を考えた時間をロスしたーーーー

こともあり、私も疲れたので昼寝します💤

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。